ホルモンバランスを整える毎日を始めよう

ホルモンはムダ毛と切っても切れない関係。体毛は男性ホルモンの影響で濃くなり、女性ホルモンの影響で薄くなると言われています。
そしてホルモンバランスは、生活によって意外と乱れやすいもの。
毎日のムダ毛ケアをしっかりした手応えに変えるためにも、生活を見直してみませんか?

① 冷房冷えは大敵。暑い季節も湯船につかろう

体の冷えは、血行不良を招き、ホルモンバランスの乱れにつながります。冷え性の方はもちろん、冷房を使う季節になったら、シャワーだけで済まさずに、ゆったりお風呂に入って体を温めましょう。
リラックスできる入浴は、女性ホルモンの分泌を促します。
ぜひバスタイムに体をしっかり温め、リラックスする習慣を。 

② 豆腐料理や納豆で女性ホルモンをサポート!

女性ホルモンが正常に分泌されるには、必要な栄養素をまんべんなく摂り、体を健康に保つことが大切。ただ、30代後半からは女性ホルモンの エストロゲン分泌量が低下するので、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを多く含む大豆製品を積極的に摂るのもおすすめです。
大豆に含まれるイソフラボンには抑毛効果もあるので一石二鳥です!
摂取量には気をつけましょう。

納豆や豆腐、味噌を使った料理などを積極的に!

③ 紫外線カットも、ツルスベ実感につながる?!

もともと体毛は、外部刺激から体を守るために存在します。
そのため、紫外線を浴びて乾燥すると肌のバリア機能が低下し、ムダ毛が体を守ろうと濃くなってしまいます。
シミを作らないためだけでなく、ムダ毛対策としても紫外線カットは重要です。

日焼け止めや、日傘、サングラス、帽子などで、しっかり防御しましょう。

④ 睡眠の質を高めて、女性ホルモンUP!

良い睡眠をとることは、ホルモンバランスを整えるためにも
大切です。下記のポイントを守って、
睡眠の質アップにチャレンジしてみましょう。

◎スマートフォンやパソコンの光は脳を覚醒させるので、寝る前には操作しない
◎朝起きたら、日差しを浴びて体内時計をリセットする
◎生活リズムを整えるために、休みの日でも、決まった時間に起床する
◎就寝時には消化活動が終わっているように、夕食は就寝3時間前までに済ませる
◎体温が下がる時に眠気を生じるので、ぬるめのお湯につかり深部体温を上げる
(就寝90分前の入浴が理想と言われています)
◎夕方〜就寝3時間前に、ウォーキングなどの軽い運動をする